経営者やエンジニアならよく分かると思いますが、

「努力をしないための努力」
「システム志向」
「抜本的解決」

というのが、

正しい努力の仕方になります。

要は、

無駄を省く

ってこと。

そうすることで、
やりたいことにエネルギーを注げます。

スティーブ・ジョブスは、服さえも毎日同じにして、本当にしたいことにフォーカスしてましたね。

かつては、

奥さんやメイドを使って
やっていたことが、

いまではスマホが
肩代わりしてくれるようになりました。

スマートハウス、ですね。

Back to the future のドクブラウンは、
自前の機械でアラームと朝食作りを
自動化してましたが、

それに触発されて、

一人暮らしを始めたときから
生活の省力化を考えてました。

ようやく、

望んでいたことが
楽チンにできる時代に。

しかも、wifiさえあれば
別に自宅でなくてもできるという
奇跡のような現実。

都内でホテル暮らししてたときも、

起きたら、自前のワイヤレススピーカーでモーツァルトや賛美歌を流したりして、朝のルーティンをやってました。

テクノロジーを駆使して、
どのホテルでも30分で自宅化してました。

ドアをでたら他人がいるから、パジャマで出歩くとかははばかられましたが、

シーツ交換や、食事は用意してくれますから、それなりに快適でしたね。

個人的に
ウェスティン東京は一番好きで、

カゼっぽくて数日引きこもってたら、体調を気遣う電話くれたり、薬もくれたりと、ホスピタリティ満載。

さすが、国内最強のSPG ランク。

当時は紀尾井町のがなかったのと、マリオットと提携したてだったので、その辺は知りませんが、

恵比寿のウェスティン東京は、

地盤もよく、バブル期に建った質実剛健な作りに、ビクトリア時代を感じさせる内装は、まさに自分に合う感覚で快適でした。

毎回、

アップグレードなのに
まったく同じ部屋に案内されたので
帰ってきた感がありましたw
(喫煙ルーム指定のためと思われます)

とはいえ、

やり過ぎたせいか
ホテル暮らしに飽きて、

泊まるのを考えただけで
嫌気がさすほどになってしまいました。

あと、

事業的ミスもいくつかして
お金もなくなったのもあり、

一年くらい前に
シェアハウスに移動したわけです。

ホテルでは
置き忘れるといけないので
本とか買わず、荷物は最小限でしたが、

シェアハウスは
長期契約した自分の部屋があるわけなので、

ちょうど始めた多言語学習にも
最適でした。

本が100冊くらい増えましたw

そして、

一人暮らしでもなく
実家暮らしでもない、

しかし家族的な
仲良しメンバーで
スタートできたので、

快適な新体験となりました^_^

うまくいくようになってるもんです。

私は、特に
金持ちの生まれではないので、

ラグジュアリーな暮らしも
清貧生活も、

どちらもいけます。

どっちであろうと
生き方は【心の貴族】であることは
変わらないです。

バックパッカーはやったことないですが、120カ国旅してきたガチの人によれば、最近は国境越えが昔より難しくなってるそうで、

身体頑強というわけでもない私には、フラフラするよりも多拠点生活のほうが良さそうです。

話しそれましたが、

テクノロジーを活かせば
どこでも自分スタイルで暮らせる、

という事。

写真のように、

ホテルでもシェアハウスでも
結局やってること変わんないですw

どこにいても
自分の美学を貫くのが、

【心の貴族】なのです。

では、良い一日を。
Bonne journée!

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。