★キング牧師の姿勢から、あなたができること

英語名言と解説

Take the first step in faith. You don’t have to see the whole staircase, just take the first step.
- Martin Luther King, Jr. (キング牧師)

疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべて見えなくてもいい。とにかく最初の一歩を踏み出すのです。

どんなに難しく、

不可能と思えることでも、

信じて歩み出す。

その大切さを説いています。

 

20世紀アメリカの人種差別問題に尽力した
キング牧師の言葉。

「アフリカ系アメリカ人公民権運動」
1954年 – 1968年 の時期です。

日本などで暮らしていると、

人種差別なんて
まるっきり意識しないですが、

世界的には
よくあること。

 

で、

つい半世紀前、

つまり当時を知る人たちが
まだ生きている頃の USA で、

正当な権利を主張しなければならない状況が
あったんですね。

 

人々は、

キング牧師のような
リーダーが現れるまで、

あきらめに近い
不可能さを感じていたと思われます。

しかし、

キング牧師はあきらめなかった。

というか、

信じて疑わなかった、
というわけです。

これがリーダーシップですよ。

 

この話しは
大きな政治問題ですが、

リーダーシップ自体は
別に、規模なんて関係ないです。

家庭でさえ
それは必要です。

親のリーダーシップがなければ、

子供は
歯磨きの習慣すら
身につけられません。

最初はすごく嫌がりまよね。

というか
いつも嫌がります。

大人の私だって
面倒におもう事がありますからw

あなたはどうですか?

つかれてたら
やはり面倒ですよね。

 

でも、したほうがいいことは
分かっているので、

歯磨きするし、
させるわけですよ。

自分自身へのリーダーシップ、

子供や、
他の人たちへのリーダーシップ、

職場でも、

趣味でも、

なんだろうと、

この姿勢が
むずかしいと思えることでも
やりとげさせる「導きのパワー」です。

 

特に、

「自分自身へのリーダーシップ」ってのは
なかなか言われないことですから、

意識してください。

別の言葉でいうと
主体性ってことです。

夢や希望というエサを
遠くと目の前に見せ続け、魅せ続け、

なまけてしまいがちな
エゴというペットを飼い慣らし、

素晴らしい理想の未来へと
自分を導くのですよ。

これが、

自分自身へのリーダーシップです。

 

「自分自身を導け。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました