★フランス元大統領のシニカルジョーク

英語名言と解説

Since a politician never believes what he says, he is quite surprised to be taken at his word.

- Charles de Gaulle (シャルル・ド・ゴール)

政治家は自分でも自分が言ってることを信じていないから、
他人が信じてくれるとびっくりする。

ニヤリとしますねw

シャルル・ド・ゴールは
フランスの大統領も務めた元軍人。

つまり、

政治家だったわけですが、

いつこの言葉を
のこしたんでしょうねえ。

自分や社会への
フランス的な皮肉だったのかもしれません。

シニカルなジョーク、ってやつです。
cynical : 冷笑的

 

お察しの通り
これは元々フランス語ですが、

格言というのは
基本的に主要言語に翻訳されて
広まるものです。

英語に訳されないことは
まずないです。

 

なので、

本来の原文である
フランス語も並べたいところですが、

使ってるメール配信システムは
日本語用なので、

フランス語(のアクサン記号付き)の文字を
いれると、

エラーになってしまい、
そこで切れちゃいます。

ので、

英語だけでがまんしてください。

 

ドイツ語とかも
同じ理由で、

原文は載せません。

謎の○がよくつくフィンランド語とかも
もちろんムリです。

中国語は漢字とはいえ、
限度があります。

英語には
変な記号(失礼)がなくて、

よかったですね。

 

フランス映画好きな人は
とくに分かると思いますが、

フランスって
表現の仕方が日本と似てるところがあるので、

英語以外にやるなら
かなりお勧めですよ。

 

たとえば、

日本語で、

「悪くない!」って
ほめ言葉でいいますけど、

これ、

悪いを否定することで
「かなり良い」という表現にしています。

 

で、

英語では
Nice! Nice! と言うところを、

Bon ! Bon !
じゃなくて、

「悪くない!」を意味する
Pas mal ! Pas mal ! を
連発しますからね。

ソースは、

前いたシェアハウスに来た
お騒がせフレンチ一家です 笑

 

こうしたやつにせよ、

今回の文の
シニカルな笑いにせよ、

あえて逆から言って
良いあんばいにしちゃう表現は、

私の勝手な主観ですが
イギリスのさらに上をいってると思います。

当のフランス人は
まさか日本と同じ感覚を共有していると
思ってもいないことがほとんどなので、

いろいろ教えてあげると
よろこびますよ!

 

「シニカルフレンチを味わおう。」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました