★苦しい時がある理由とは?

英語名言と解説

If we had no Winter, the spring would not be so pleasant; If we did not sometimes taste the adversity, prosperity would not be so welcome.
- Anne Bradstreet(アン・ブラッドストリート)

もし冬がなかったら、春の訪れはそれほど喜ばれないだろう。
もし私たちが時々逆境を経験しなければ、
成功もそれほどうれしく感じないだろう。

これが人生ですね。

調子よいときもあれば
そうでないときもある。

調子よくない時があるから
よい時がすばらしく感じる。

これは人間の特権です。

進化、成長に役立つ環境。

 

なので、

冬も春も
夏も秋も

おなじく大切です。

 

「よいときも、よくないときも、受けいれよう。」

 

ありがとう

コメント

タイトルとURLをコピーしました